• タグ別アーカイブ: 時間
  • 役所に何かを贈るときの宛名と書き方はしっかりとできますか?

    【宛名の下に何を書くか】

    あまり送ることはないかもしれませんが、役所に手紙や封筒を出すこともあります。

    ここで迷ってしまうのは、いったいどんな敬称をつけるべきなのかという事です。

    送る相手に対して敬意を表す言葉である以上、何も書かずに送るわけにはいきません。

    ですが、間違った敬称をつけてしまうのも、大変失礼なことになるでしょう。

    一般的な社会常識として、こうした基礎的な部分は、間違いたくはないところです。

     

    【個人名なら様を】

    役所の中の部署がわかっており、個人名で宛名を書く場合の書き方としては、「様」があります。

    個人名の後につける方法で、広く一般的敬称であるといえるでしょう。

    あまり制限もなく使うことができるため、最も普及しているといっても過言ではありません。

    ここで問題になるのは、「殿」でなくていいのかというところです。

     

    役所の場合には、公文書に記す場合には、基本として「殿」を使います。

    しかし、最近では「殿」という言葉が格下に使う接尾語であると認識されつつあることから、敬称として使わないケースも増えてきている点には注意しなければいけません。

    そこで、役所でも「殿」を使わず「様」にするケースも増えてきています。

     

    【両方書くことはないということに注意】

    もしも、個人がわからず組織として宛名を書く場合には、「御中」を使います。

    担当の名前がわからなくても、宛名の下に入れることができますので、便利な書き方になるでしょう。

    ここで注意しなければいけないのは、個人名には絶対に「御中」は使いません。

    もう一つ、部署名と個人名の両方を書く場合に、部署名に「御中」をつけ、個人名に「様」をつけてしまうような二重に書くことです。

    これは絶対にやってはいけない方法で、「様」だけにしなければいけませんので注意しましょう。



  • 役所の手続きは、平日の時間しかできないものなのか

    【時間が合わないと難しい役所の手続き】

    役所で手続きをしなければいけない時に、仕事の都合で時間が合わないということもよくあることです。

    平日は時間が取れないという人がほとんどで、手続きのために休みをとるわけにはいかないという人もたくさんいるでしょう。

    特に引越しをしたときなどは、やらなければいけないことはたくさんあり、手続きも山ほどあるわけですが、平日だけではない時間でも手続きが行えるところも存在します。

    ただし、行政単位によって違いもありますので、必ず確認しておかなければいけません。

     

    【夜間や休日でもできる場合】

    最近多くなったのが、曜日によって時間を延長しているケースです。

    夜7時ぐらいまで窓口が開いているため、手続きができるようになっているパターンですが、これも行政単位で取り扱いが異なりますので、どこでもできるというわけではありません。

    休日行っているサービスもあり、時間はもっと短くなるものの申請手続きは受理されます。

     

    こういった夜間や休日の窓口業務の場合、即日対応できないこともあります。

    後日書類を確認したり、取りにきたりすることが必要となりますので、注意が必要です。

    特に証明証の場合には、時間にかなりずれができますので、証明証を使うための予定も考えておくことが大切です。

     

    【24時間手続きできるものもある】

    役所の手続きの中でも、戸籍に関する届出は24時間受け付けている場合があります。

    印鑑を持っていけばできるものもありますが、事前に書類作成が必要になる場合もありますので、準備が大切です。

    その中でも有名なのは、婚姻届けでしょう。

    基本的に、日本のどこの役所でも24時間届出ができるようになっています。

    ただし、主張所や支所ではできないこともありますし、受理はしても手続き自体は翌日に持ち越されることもありますので、注意しておくといいでしょう。

     



会社印鑑