• タグ別アーカイブ: 種類
  • 役所に何かを贈るときの宛名と書き方はしっかりとできますか?

    【宛名の下に何を書くか】

    あまり送ることはないかもしれませんが、役所に手紙や封筒を出すこともあります。

    ここで迷ってしまうのは、いったいどんな敬称をつけるべきなのかという事です。

    送る相手に対して敬意を表す言葉である以上、何も書かずに送るわけにはいきません。

    ですが、間違った敬称をつけてしまうのも、大変失礼なことになるでしょう。

    一般的な社会常識として、こうした基礎的な部分は、間違いたくはないところです。

     

    【個人名なら様を】

    役所の中の部署がわかっており、個人名で宛名を書く場合の書き方としては、「様」があります。

    個人名の後につける方法で、広く一般的敬称であるといえるでしょう。

    あまり制限もなく使うことができるため、最も普及しているといっても過言ではありません。

    ここで問題になるのは、「殿」でなくていいのかというところです。

     

    役所の場合には、公文書に記す場合には、基本として「殿」を使います。

    しかし、最近では「殿」という言葉が格下に使う接尾語であると認識されつつあることから、敬称として使わないケースも増えてきている点には注意しなければいけません。

    そこで、役所でも「殿」を使わず「様」にするケースも増えてきています。

     

    【両方書くことはないということに注意】

    もしも、個人がわからず組織として宛名を書く場合には、「御中」を使います。

    担当の名前がわからなくても、宛名の下に入れることができますので、便利な書き方になるでしょう。

    ここで注意しなければいけないのは、個人名には絶対に「御中」は使いません。

    もう一つ、部署名と個人名の両方を書く場合に、部署名に「御中」をつけ、個人名に「様」をつけてしまうような二重に書くことです。

    これは絶対にやってはいけない方法で、「様」だけにしなければいけませんので注意しましょう。



  • 色々とある役所の種類と機能させるための部署

    【役所といえばどんなものか】

    普段、印鑑証明をとったりすることのある役所といっても、いったいどんなところを指しているか、はっきりとわかっている人は少ないでしょう。

    通称で役所というだけで、実際には役所ではない場所もたくさんあります。

     

    正確に言えば、役所とは行政事務を行っている場所のことです。

    住民と直接向き合うことを指していることがほとんどですが、組織自体をお役所という呼び方で指していることもあるでしょう。

    それだけ役所という言葉には、いろいろな種類があるといえます。

     

    【役所の種類を狭義と広義でとらえたら】

    場所ということで考えた場合、役所と呼ばれるのは都庁や県庁といった、県の中枢を担う場所、市や区の中枢である市役所や区役所、町や村の町役場、村役場といったことを指していることがほとんどです。

    もうちょっと大きく考えた場合には、三権のうち行政権に属するものを差し、行政庁の意味に限定することができます。

    そのため、もっと広義にこの三権に属する機関や建物を表す場合には、官公署という名称を使ったりするのです。

    この場合には、警察署や裁判所も役所ということでひとくくりにされてしまいます。

     

    【多くの部署で成り立つ役所】

    役所と一口に言っても様々な部署があり、多くの種類があります。

    利用する機会の多い住民課や税務課、福祉課などが有名なところですがこれだけではありません。

    水道課や環境整備課といったものもありますし、公園や歩道の管理まで行っている建設土木課も重要な部署であるといえるでしょう。

    ちょっと知られていませんが、病院事業部や農業委員会も役所の部署として存在している場合もあるのです。

     

    数多くの種類がありますが、それだけ行政の仕事は多岐にわたり、機能させるために必要だといえるでしょう。



会社印鑑